サプリメントの摂取にあたって

大切なことは継続すること

栄養素が体内にどれ程蓄積されているかは、人それぞれです。
貯蓄がどれだけあるか、どう活用するか、と同じように考えられます。
体に必要な栄養素が蓄積されていて、さらに、効率良く貯蓄し、活用するか。
それとも、体に必要なギリギリしかなく、これからも増やさないのか。
たとえ、飲んだり飲まなかったりしてしまっても、継続し、補っていく事を少しずつでも続ければ、いつかは蓄積されていきます。

量を増やしすぎると、かえって内臓に負担をかけることも

昨日摂取するのを忘れたから、今日は倍の量を摂取したとしても、すぐに体がどうなるといった事はありません。それは、良くも悪くもです。
しかし、必要以上の量を摂取する事で、分解のために臓器が頑張って働かなくてはなりません。
また不要なものは体外に出てしまうので、意味がなくなってしまいます。
ですから、摂り過ぎはできるだけ控えた方がよいでしょう。

継続のために、摂取し易い時間帯や方法を

1番は継続すること。
ただ、空腹時に摂取することで、胃に負担をかけてしまうこともあるため、食後というのがベストなタイミングです。

サプリメントを飲むときの注意点

サプリメントは栄養素を簡単に摂ることができる素晴らしいものですが、いくつか注意点もあります。

まず、基本的に薬とサプリメントを一緒に服用してはいけません。サプリメントの種類によっては、薬の成分を強めたり、薬の吸収や作用を邪魔してしまうことがあるため、薬とサプリメントを一緒に服用する場合には注意が必要です。
通院や治療中に、サプリメントを摂る場合は、医師や薬剤師に相談してください。

また、飲み忘れたからといって、2回分、3回分のサプリメントを一気に摂取するのも効果的とはいえません。胃への負担が多くかかることもありますが、ビタミンAなど脂溶性のサプリメントは、過剰摂取すると副作用をおこす場合もあるのです。サプリメントに記載された通りの量を、きちんと飲むことが大切です。
妊娠中の場合は、妊娠中に不足しがち、もしくは必要な栄養素があるため、サプリメントが一概によくないとは言えませんが、基本的にはかかりつけの医師に相談することをおすすめ致します。普段飲みなれたサプリメントでも、妊娠中は過敏な反応が起こることもあります。

>>戻る