細胞を1つ1つ正常に働かせるエネルギー工場 【コエンザイムQ10】

コエンザイムQ10は、人間の全ての細胞1つ1つに存在する補酵素です。補酵素というのは、文字通り酵素の働きを助ける役割の栄養素です。
私たちが日常で摂取した栄養素は、そのままではエネルギーとして上手く代謝できません。
酵素、補酵素が化学反応を促し、生命活動に必要なエネルギーとして作り出されていきます。
酵素は主にたんぱく質に含まれ、補酵素はビタミン類に含まれています。

▷商品はこちら

コエンザイムQ10の働きは、「エネルギーの産生」と「抗酸化作用」

私たちの体には約60兆個の細胞があり、その細胞が正常に働くためにはエネルギーが必要です。
エネルギーはそれぞれの細胞の中のミトコンドリアというエネルギー工場で作られます。
このミトコンドリアにコエンザイムQ10は多く含まれています。
コエンザイムQ10が不足すると、エネルギーが不足することになり、疲れやすくなったり、風邪を引きやすくなったりします。
コエンザイムQ10は、私たちが毎日元気に過ごしていく上で、欠くことのできない健康成分なのです。

りんごの皮を剥いてしばらく放置しておくと、表面が茶色くなっているのを見たことがあると思います。
これは、りんごの中の成分が酵素の働きで空気中の酸素とくっつき、“酸化反応”により変色したためです。
鉄などの金属が錆びるのも同様です。
私たちにとって“抗酸化”とは、金属が錆びるのと同じように、カラダが錆びてしまうのを防ぐことです。
私たちは生きるために呼吸によって酸素を摂取しますが、その酸素は同時に、カラダの中を錆びつかせていくのです。
この酸化を防ぐために戦っているのが、コエンザイムQ10です。
コエンザイムQ10が不足すると、抗酸化力が不足し、カラダは錆びついてしまいます。

しかし、コエンザイムQ10は様々な原因で減少してしまいます。
主な原因の1つとしては、加齢が挙げられます。
その量は20歳を境に減少してしまいます。
特に、常に動き続けている心臓は多量のエネルギーを消費するため、減少も著しくなります。
また、ストレスや病気などでも減少することが知られています。
コエンザイムQ10の量が減っているということは、エネルギーの生産量が減少しているということ。
健康を支える力が弱ってきている状態と言えます。
抗酸化作用を発揮し、必要なエネルギーを産生するのに必要とされる目安量は、1日100mgと言われています。
しかし、日本人は食習慣から1日に約5mg程度の摂取と言われているので、目標の量に遠く及びません。
不足分を補うには、サプリメントを利用するのが効率的です。

>>戻る