コレステロールが気になるなぁ 【ソーヤレシチン(大豆レシチン)】

レシチンは、その特性が油を水分に分散させる乳化力、皮膚や粘膜から物質を透過吸収する浸透作用があると言われています。

ソーヤレシチンの働きは、「コレステロールの低下、メタボ対策」と「記憶力向上」

肝臓で作られた脂肪は肝臓の外に運び出す必要があり、大豆レシチンは、水分にも脂分にも結びつく性質があるため、この性質により、血管の内壁にこびりついたり、血液中の余分なコレステロールコレステロールを尿から排出し、肝臓内の余分な脂肪をスムーズに排出することができます。また、動脈硬化を予防する働きもあるのです。

レシチンの不足は、疲労、免疫力低下、不眠、動脈硬化、糖尿病、悪玉コレステロールの沈着など多くの症状の原因となると言われています。
▷商品はこちら

レシチンは脳の海馬などに多く含まれる成分です。神経伝達物質のアセチルコリンの合成に不可欠ということや海馬に多く存在するということもあって記憶力や集中力を高める効果が期待できます。アセチルコリンの不足は、アルツハイマーなどの認知症が起こるケースが多くなると言われています。

>>戻る