健康の要の腸を元気にさせよう 【乳酸菌・ビフィズス菌】


▷商品はこちら

人間の腸内には100~500種類、100兆個以上の腸内細菌が存在しています。
腸内細菌は健康に良い効果を与える「善玉菌」、健康に悪影響を与える「悪玉菌」、どちらとも言えない「日和見菌(ひよりみきん)」が生存場所を取り合って争っています。
乳酸菌は、腸の中で生息している細菌の一つです。
その中でも、腸にとって良い働きをしてくれる善玉菌の代表ともいえる菌が乳酸菌です。
免疫量を高めたり、アレルギー作用を和らげたり、ピロリ菌を撃退する効果が実証されています。
ビフィズス菌は乳酸菌の代表格として扱われていますが、正確には乳酸菌には分類されません。
しかし腸内の善玉菌として便宜上乳酸菌として扱われることが多いようです。

悪玉菌が増えてしまうと健康にいろいろな悪影響を与えてしまいます。
乳酸菌やビフィズス菌は善玉菌の味方をし、腸内で善玉菌が増えるのを手助けします。
乳酸菌やビフィズス菌に便秘や下痢の予防,改善効果があるのはこういった理由です。
その他乳酸菌には免疫を活性化・調整する効果があるため、花粉症の予防や改善,アトピー性皮膚炎の改善,ガン予防,コレステロールを下げる働き,高血圧を改善する効果などがあります。
腸は免疫に重要な働きをし、健康の要になる器官です。
腸の状態を健康に保つ乳酸菌やビフィズス菌は健康にとってなくてはならない菌なのです。

>>戻る