プラセンタとは

プラセンタとは英語で胎盤のことを言います。お母さんがお腹の赤ちゃんに送る豊富な栄養がある部位です。
動物は出産後に自分の胎盤を食べます。人間の場合も助産院によっては食べさせてくれる所もあります。
なぜ自分の臓器を食べるのか?胎盤には自然治癒力を回復させる、優れた効果があると言われているからです。そのため、お産という命がけの仕事を終えた母親は自分の胎盤を食べ、衰えた体力を速やかに回復させて、母乳を出し、子育てという重労働に備えるのです。
栄養の固まりであるプラセンタ(胎盤)には肌の細胞活性に有効と言われている成分が含まれており、近年ではプラセンタ注射やサプリメントが注目されています。

安心安全なプラセンタとは

プラセンタという言葉が流行し、現在では各社様々なプラセンタが発売されています。
多くの会社は馬の胎盤由来であったり、牛の胎盤由来を含む商品を発売しています。
しかし先にも述べたように、何ミリのプラセンタが含まれているのかを明記していない商品も数多くあるため、購入の際には注意が必要です。
当社では、人に組成が一番近く安全とされている、豚の胎盤由来のものを商品にしております。また、豚の中でも「SPF豚」という厳しい管理下で悪い病原菌が入り込まないように飼育された豚の原材料を使用しています。
合成香料・合成着色料を使用せず、プラセンタの含有量も成分表にしっかりと記載のある商品ですので安心してお召し上がり下さい。

プラセンタの摂取方法

残念ながらプラセンタは、日常の食事からは摂取することが出来ません。
胎盤なので焼肉店で豚の胎盤(コブクロ)を食べることは可能ですが、毎日食べ続けることは困難です。
プラセンタ注射という方法で体内へプラセンタを入れることも可能です。即効性のある方法ですが、価格も割高でクリニックに通い続けなければなりません。また感染症の可能性があるため献血を行えなくなります。治療目的であれば保険が適用されますが、美容目的であれば自費のため、どうしても高額になります。よって、あまりお手軽とは言いがたい手段です。

そう考えると、サプリメントから摂取するのが継続性、コストなどを考えると1番ではないでしょうか?
数年前はプラセンタのサプリは1~3万円が相場でしたが、最近は日本でもプラセンタが普及したことで、低価格で製造が可能になりました。
当社では錠剤タイプのものとドリンクタイプの商品をご用意しております。飲みやすくお客様が飲み続けたいと思える商品作りを心がけています。

>>戻る