青魚の恵みの特徴

  • 「ミネルヴァ 青魚の恵み DHA&EPA」は、中高年の気になる”記憶・判断をサポート”したり、また”中性脂肪を低下”させる”ダブルヘルスクレーム”の機能性表示食品です。
  • 1日3粒で、健康づくりに不可欠な青魚のサラサラ成分が
    520mg(「DHA」:500mg、「EPA」:20mg)補給できます。
  • 高い技術を誇る国内の工場で、徹底した品質管理のもと製造を行っている精製魚油「DHA70BAPT」を配合しています。魚油成分のDHA、EPA、およびDPAを規格化し、鉛、総水銀、ヒ素、ダイオキシン、残留農薬、放射性物質、微生物のチェックも行っており、安心のMade in Japan油です。
  • 青魚のサラサラ成分であるオメガ3系脂肪酸(「DHA」、「EPA」など)は酸化しやすい成分のため、酸化を防ぐ働きのあるビタミンEを配合しています。
  • 1日3粒が目安の飲みやすいソフトカプセルです。
    魚特有のニオイや戻り臭を気にすることもなく、毎日お飲みいただけます。
  • 着色料、香料、保存料、食塩は添加していません。

このような方に
おすすめします

  • 脂肪の摂り過ぎが気になる方
  • いつも元気でいたい方、毎日の活力が欲しい方
  • 健康診断の数値が気になる方
  • 年齢が気になり始めた方
  • なかなか思い出せないことが多くなった方
  • 健康的なダイエットを目指す方
  • 魚をあまり食べない方や魚嫌いな方
  • 食事のバランスに不安を感じる方

DHA・EPAとは?

DHA(ドコサヘキサエン酸)EPA(エイコサペンタエン酸)は、オメガ3系脂肪酸と呼ばれ健康な生活を維持するのに欠かせない成分です。カツオ、マグロ、サバなどの青魚に多く含まれていますが、体内ではほとんど作ることができない必須脂肪酸のため、毎日の食事から摂取する必要があります。

原料へのこだわり

DHA豊冨なカツオを主として鹿児島県の枕崎を始め国内で搾油し、国内の工場で業界トップクラスの高純度(DHA71%以上)に濃縮製精加工した原料を使用しています。
また、重金属、残留農薬、放射性物質、微生物などの検査を行うことで、品質安全性の確認を行い、IFOS(国際フィッシュオイル標準協会)の品質基準に匹敵しています。

Q1.機能性表示食品って何?

A1.

機能性を表示することができる食品は、これまで国が個別に許可した特定保健用食品(トクホ)と国の規格基準に適合した栄養機能食品に限られていました。そこで、機能性を分かりやすく表示した商品の選択肢を増やし、消費者の皆さんがそうした商品の正しい情報を得て選択できるよう、平成27年4月に、新しく「機能性表示食品」制度がはじまりました。

機能性表示食品

事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

特定保健用食品(トクホ)

健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められ、「コレステロールの吸収を抑える」などの表示が許可されている食品です。表示されている効果や安全性については国が審査を行い、食品ごとに消費者庁長官が許可しています。

栄養機能食品

一日に必要な栄養成分(ビタミン、ミネラルなど)が不足しがちな場合、その補給・補完のために利用できる食品です。すでに科学的根拠が確認された栄養成分を一定の基準量含む食品であれば、特に届出などをしなくても、国が定めた表現によって機能性を表示することができます。

Q2.魚が好きでよく食べていますが、それでもDHA、EPAは必要ですか?

A2.

EPAやDHAはイワシ、サバなどの青魚に多く含まれますが、脂質自体が少ない白身魚にはあまり含まれていません。またまぐろもトロの部分にはEPA・DHAが豊富に含まれていますが、赤身部分はトロの20分の1以下の量しかありません。
EPA・DPAの摂取を考える時は、食べる魚の種類や調理方法を選ぶことが大切です。

Q3.DHA、EPAは毎日摂らないといけませんか?
>数日分まとめて摂ってもよいですか?

A3.

DHA・EPAは人間の体内では作ることが出来ないため、食事やサプリメントで補う必要があります。特にEPAはDHAに比べ体内に貯め続け難い成分です。一度にたくさんの量をとるのではなく、毎日継続的に摂取することが大切です。

Q4.本商品を飲んで目が良くなりますか?

A4.

DHAは人間の目の中にも多く存在します。網膜に含まれる脂肪酸の約40%はDHAで、網膜や視神経のDHAが不足してくると視力低下を招きかねません。正常な目の働きのために欠かせない成分です。DHAの摂取で動体視力が改善したという報告があります。

Q5.子供がEPA・DHAを摂取しても大丈夫ですか?

A5.

お子様にはバランスのよい食生活が基本です。成長期の大切な時期ですので、健康食品よりもお食事からの栄養摂取を大切にしていただきたいと考えています。

Q6.妊娠中や授乳中にEPA・DHAを摂取しても大丈夫ですか?

A6.

妊娠中、授乳中は味の好みが変わったり、からだの状態も普段とは違う大切な時期です。摂取は一旦お控えいただき、お食事からの栄養摂取を心がけてください。

Q7.青魚のアレルギーがあります。EPA・DHAを摂取しても大丈夫ですか?

A7.

青魚のアレルギーは青魚のたんぱく質由来の成分が原因です。青魚から抽出精製したEPA・DHAにはそのアレルギー原因物質は含まれていませんが、アレルギーは様々な原因で起こりますので、ご心配な場合は医師にご相談ください。

製品概要

  • 商品名ミネルヴァ青魚の恵みDHA&EPA
  • 名称精製魚油加工食品
  • 原材料名精製魚油(国内製造)、
    ゼラチン/グリセリン、
    酸化防止剤(ビタミンE、 ビタミンC)、
    ビタミンE(一部にゼラチン ・ 大豆を含む)
  • 内容量42.3g(470mg×90粒)
  • 保存方法直射日光、高温、多湿を避けて保存してください。
  • 販売者京都薬品ヘルスケア株式会社
    京都市中京区西ノ京月輪町38番地

機能性関与成分[3粒(1.41g)当たり]

DHA: 500mg、 EPA: 20mg

栄養成分表示〔3粒当たり〕

エネルギー 9.77kcal  炭水化物 0.086g
たんぱく質 0.410g  食塩相当量 0g
脂質     0.866g   ビタミンE 1.41mg
飽和脂肪酸 0.013g

届出表示

本品にはDHAとEPAが含まれます。DHAには、中高年の方の 加齢に伴い低下する、認知機能の一部である記憶力、判断力をサポートすることが報告されています。(記憶力:数字に関する情報を記憶し、思い出す力。判断力:数字や文字の情報を認識し、次の行動にうつす力。)DHAとEPAには血中の中性脂肪 を低下させる機能があることが報告されています。
届出番号:E734